冷え性改善は足先から!運動やストレッチ以外でも解消できます

冷え性の改善方法や対策グッズなど冷え性の悩みに関する情報を発信しています。冷え性の改善方法は足先からです。体操や運動以外に効果的な漢方や入浴剤使っていますか?

旬の根菜を食べて冷え性を改善する

こんにちは、モモです。

今回は旬の根菜を食べることで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】

おき 45歳 女性

【冷え性歴】

20年

【冷え性になったキッカケ】

もともと冷えやすく、子供の頃から寒がりではあったのですが、20代の後半に大きい病気をして体質が変わったようです。

直接のきっかけとしては、半年の入院生活はストレスが多く、治療自体もストレスだったので、血のめぐりが悪くなったと思われます。

それから加齢に伴う側面もあると思います。

40代女性の冷え性改善方法

今回はおきさんに、このような質問をしてみました。

  • 冷え性になって困ったこと
  • 今までで一番効果のあった冷え性改善方法
  • この冷え性改善方法を試した感想や体調の変化
  • この他に試したことがある冷え性改善方法
  • 試したけれど効果がなかった冷え性改善方法
  • おすすめの冷え性対策グッズ
  • 冷え性で悩んでいる方へのアドバイス

それでは早速、見ていきましょう!

冷え性になって困ったこと

冷たいと、最終的に感覚がなくなりかけます。

指先がかじかんで動かないので細かい作業はもちろんできませんし、なにより冷たいというより痛いので、集中してなにかをすることができません。

怒りっぽくなります。そして憂鬱になりますので、寒い季節中落ち込んでいるような形になります。外出は最低限です。

さらに困るのは、個人の感覚の話なので、あまり他人の理解を得られないことです。筋肉量の関係で男性よりは女性のほうが冷えやすいそうですが、特に男性にはわからないようです。不思議そうな顔をされます。

私の場合は、春と秋に指先に血がいかなくなることが多いのですが、指先が黄色くなり(脂肪の色なのだそうです)、感覚がなくなりかけます。

温める以外に対処方法はないので、外出先でこれがはじまるととにかく困ります。見た目にも不気味なので、とにかく手袋必須です。

それから、夏にもサンダルは履けなくなりました。サンダルは大好きだったので、これはかなりショックです。

今までで一番効果のあった冷え性改善方法は?

体質改善が一番いいと思います。

冬に根菜をとにかくたくさん食べることです。特に、旬の根菜を食べるようにします。

そして旬でないものをなるべく避けます。夏のものを冬に食べると体が冷えるためです。

できる範囲でやることです。体質改善はいきなりはできませんし、また急激に変わるとなんらかのあまり好ましくない反動を伴うのでおすすめしません。

旬を意識して食事をするように心がける、でも外食などはコミュニケーションの場でもあるので例外扱いして楽しくいただく。そんな感じでいいと思います。

長く続けることのほうが大事なので、楽しんで季節を味わうのがいいと思います。

f:id:rinnrinn3:20170727174934j:plain

この冷え性改善方法を試した感想や体調の変化

焦らずのんびりやる、しかも楽しくやる、と決めたことによって少しずつですが、冬の憂鬱が減ったような気がします。

無理しても仕方ないので、あったかグッズなどもたくさん併用しておりましたので、そんなにイライラせず過ごせるようになりました。

また、旬を意識するのはいつの季節でも同じことなので、食生活がすっきりしたものになりました。

旬を意識すると、どうも和食が多くなるような気がします。これはこれでダイエットにも通じます。

食は生活のかなりの部分を占めていると感じていますので、生活そのものも季節感のあるようなものになってきています。

自然を感じることは情緒の安定にもつながるので、わりとゆったり暮らせるようになりました。

それからグッズを使うことにためらいがあまりなくなったので、できないときはできない、他人の手を借りることも必要だと素直に思えるようになったのはよい変化でした。

この他に効果のあった冷え性改善方法は?

  • 冷え取り靴下の使用
  • 寝る前の30分間、電気あんかを布団に入れておく
  • 湯たんぽの使用
  • 手足をピンポイントであっためる(温浴)
  • カイロを腎臓の場所にあたるように使用する

試したけれど効果がなかった冷え性改善方法

  • 手足の乾布摩擦
  • ストレッチ

おすすめの冷え性対策グッズ

冷え取り靴下


「夏も使用、寝るときも使用」と書いてあって、冗談じゃあないと思ったのですが、逆に夏も足は冷えていることに気づきました。これが良い点です。

秋冬は、あまりに暖かいので脱げなくなり、外出が億劫になりました。これが悪い点です。

冷え性で血行不良の方へのアドバイス

完璧をめざさず、今すぐにどうにかしようとせず、ゆっくり取り組むことをお勧めいたします。

直接に温めるなどの今すぐできることと、体質改善などのゆっくりやるべきこと、このふたつを使い分けて気長に改善していきましょう。

つらいのはわかります。しんどいです。でもあなただけではありません。つまりは血行不良ですから、正体不明の病気なわけでもありません。漢方薬局などをのぞいてみるのもいいかもしれません。

この時期は、建物の内と外の気温差が激しく、厚着をするのも一苦労です。でも焦らずイラつかず、なるべくゆったり構えましょう。

血行を良くするという養命酒でもちびりと飲んで、湯たんぽを抱いて寝ましょう。急がばまわれ、というのはこういうときに使う言葉かもしれません。

とにかくゆっくり、ゆったり生きましょう。気持ちが楽になったら、血行もすこしよくなるかもしれません。

おきさん、ありがとうございました!

根菜で冷え性を改善した他の方の感想

この他にも根菜を食べることで冷え性を改善された方がいらっしゃいます。

その方達にもどのような変化があったのか、感想を聞いてみました!

こつこつヒツジさん 34歳 女性

同じく冷え性の先輩からの話で、根菜をたくさんとるといいよと聞き、試してみました。

筑前煮や肉じゃがなどを作るようにしましたが、めんどうだなと感じました。

長続きしたのは、毎日の味噌汁に根菜を必ず入れるようにしたことです。わかめと油あげの味噌汁に、人参を刻んでいれたり、大根もよく使いました。

人参も大根もよく洗い、皮をむかずに入れました。ごぼうを入れると、味噌汁にいい香りが加わって、家族からも好評でした。

この方法を試してから、夜、なかなか寝れなくて困るといったことがほとんどなくなりました。

冷え性が少しでも楽になればいいなと思って始めた方法ですが、冷え性改善以外にも嬉しい効果がありました。それは、家族が風邪をひかなくなったことです。

1シーズンで、家族のだれも風邪をひかなかったことなど今までなかったですし、ひどいときは移しあって風邪が家族の中でぐるぐる回っていました。

それが、根菜味噌汁を毎日飲むようにした年は、誰も風邪をひくことなく元気に過ごせました。

今年も根菜味噌汁実行中です。どうせ味噌汁は毎日作るし、新たに道具やサプリが必要なわけでもないので取り組みやすいと思います。

しかも大量に根菜が必要なわけではないので、なにかおかずを作ったあまりも消費できます。

寒くなり始める10月頃から始めて、1月頃には「あれ、去年はもっと冷え性がしんどかった気がするけど、今年は楽だな」と感じるようになりました。

たそさん 27歳 男性

祖母に教えてもらった方法ですが、生姜と根菜です。

朝食時に生姜入り味噌汁を毎朝作ってもらい、その味噌汁の具に大根や蓮根、子芋、人参などを必ず入れてもらいました。

夕食にも極力根菜を1種類は入れてもらうようにしたり、寝る前にははちみつレモンなどを飲んでいました。

1年ほど続けていると、いつも靴下を2枚履いて寝ていたのが裸足で寝れるまでになりました。

あと、極力コーヒー類は飲まないようにしています。

朝食を変えてから単純に体温が上がりました。通学時にも、学校に着くまでに体がポカポカしている感覚です。

いつもであれば学校に着いて足を触ると冷たかったのが、熱いまではいかないですが体温を感じることができました。

外にちょっと出ただけで足がかじかんでいたのが改善されたのも驚きでした。

就寝の際も大量に着込んでごわごわしながら寝心地悪く寝ていたのですが、パジャマだけで眠ることができるようになりました。

また、周囲から顔色が良くなったと言われたのも覚えています。

感想は以上になります。みなさん、ありがとうございました!

その他の体験談はこちらでご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

冷え性改善方法まとめ!足の冷えを解消したい人は必見